インプラントで保険適用となるケースとは
治療の流れメリットとはデメリットとは病院の選び方

インプラントで保険適用となるケースとは

インプラントの治療は一般的には保険適用外なのですが、
ごく限られたケースでは保険適用で受けることができる可能性があります。
インプラントの費用についてはこちらを参考にしてください。

インプラントの治療に踏み切る原因として、多くの場合、
歯周病や加齢によって顎の骨がやせ細ってしまったことなどと考えられます。

こうしたごく一般的な理由の場合には、インプラントは保険診療の適用外です。
そのため100%自己負担になりますから、その分高額な治療費が必要になってきます。
一方保険が適用されるケースというのがどういったものかというと、それはかなり特殊な事情の場合です。

病気や事故の外傷などによって顎の骨を広い範囲で損失してしまった場合や、
先天性の病気で顎の骨の一部が3分の1以上連続して無い場合、
または顎の骨の形成不全の場合、などが保険適用が可能となるケースです。

ではこうした保険が適用されるインプラントの治療はどのような場所で受けることができるのでしょうか?
実はインプラントをやっている歯科医院だからといって、どこでも保険適用で治療が受けられるかというと、
そういうわけでもないのです。

インプラントを保険診療で受けられる病院の条件は、病院にある歯科か口腔外科であること、
5年以上の治療経験があるかインプラント治療の経験が3年以上ある医師が2名以上いること、当直体制が整っていること、
国が定める医療機器や医薬品の整備がされていること、です。
この条件を満たし、なおかつ国の許可を得ている病院であれば、保険診療でインプラントの治療を受けることができます。

とはいっても、自分でこういった病院を探すというのはなかなか大変な部分もあると思います。
そうした時には、まず日常的にかかっている歯科医院などで近くにこういった病院がないかどうか尋ねてみると良いでしょう。
何かしらの情報を教えてくれるはずです。