治療の流れメリットとはデメリットとは病院の選び方

インプラントの治療の流れ

インプラントの治療は綿密な計画に沿って行われることで初めて成功するものです。
そのため、治療にあたって、幾つかのステップを踏むことになります。
インプラントの治療についてこちらも参考にしてください。

まず最初に行われるのは患者本人の希望をはっきりとさせることと、それを目指すための治療法を考えるということです。
どのような状態になるようにしていきたいのか、その希望をはっきりとさせなければ進めていくことはできません。

ただし、口の中の状態によってはそれが完全に可能かどうかというのは分かりませんので、
その点も含めて計画が作られていきます。

その過程で必ずおこなわれるのが、口の中の精密検査です。
CTスキャンなどを使って詳細を調べ、それによって具体的な治療計画が作成されます。
精密検査の結果次第では、骨移植をまず行うといったことも必要になってきます。

また、歯周病などがある場合には、その治療をまず最初に行わなければいけません。
歯周病をそのまま残してしまっては、インプラントにすることはできませんし、
インプラント後には歯周病の影響が非常に出てしまいやすいからです。

そうしたインプラントの前段階がきちんと整うと、いよいよインプラントの埋め込みが行われます。
インプラントの埋め込みは手術になりますが、入院の必要ということはなく
手術後一定時間経過後にそのまま自宅へ帰ることが可能で、翌日から普通の生活ができます。

インプラントの埋め込み後は、歯との結合を待つ必要がありますので、一定期間間を置きます。
その後、人工歯を作成してからインプラントにはめこむことで完了です。
ここまでの行程が全て終了するまでには、治療計画にもよるのですが、2ヶ月から長いと1年以上に渡ることもあります。

ただし、それだけで全てが終わりということはなく、
インプラント後は定期的なメンテナンスをする必要がありますし、日常的なケアも入念に行う必要があります。

インプラントはすぐにできるという治療法ではありませんが、
全ての治療が完了すれば自然な使い心地が実現するという利点があります。